心筋梗塞や脳梗塞は病院で治療【原因究明でボディープロテクト】

医者

脳の壊死と体の障害

病棟

脳梗塞は、血管が詰まったり、細くなったりして脳の細胞が死んでしまう病気です。脳がダメージを受けると身体に様々な症状が出てきます。片側の手足のしびれ、言葉が出ない、ふらついて歩けない等があります。症状がある場合は放置せずに病院で診察を受けるようにしましょう。

Read More...

心臓の病気になった時には

看護師

発作から治療の時間が重要

心臓の病気で最も多いのは冠動脈疾患です。冠動脈とは心臓を取り巻く3本の動脈であり、心臓を動かすために必要なエネルギー(血液)を供給している役割があります。この冠動脈が何らかの原因で閉塞したり狭くなると、エネルギーの供給が途絶えてしまうので心臓の動きに支障がでます。この冠動脈が閉塞した状態を心筋梗塞といい、狭い状態を狭心症といいます。特に緊急を要するものは急性心筋梗塞であり、冠動脈が閉塞した場合、すみやかに閉塞を解除しなければばなりません。概ね発症から6時間以内に手術で解除しますが、できるだけ早期に解除しないと心臓の筋肉は時間とともにダメージが残ってしまい、やがて筋肉が死んでしまいます。死んだ筋肉は動くことはありませんので、命は助かっても心臓のポンプ機能が失調してしまう心不全の状態となります。心不全だとちょっとしたことで負荷となり、以前のような日常生活を送ることが難しくなります。幸い急性心筋梗塞の症状は、激しい胸痛や苦しさがあることから、この様な症状がある場合は、遠慮せずに救急車を要請し病院に受診されることが必要です。

カテーテル治療の今後

冠動脈疾患の治療としてカテーテル治療があります。急性心筋梗塞のほとんどはカテーテル治療となります。足のつけ根や腕の動脈に管を挿入し、そこから冠動脈まで管を進め、病変にたどり着いたところで風船で拡げたりステントという金網を留置します。この治療技術により急性心筋梗塞の救命率は高まりました。治療として大事なことは、いかに心筋梗塞にならないことが重要であり、冠動脈が狭い状態で病変を見つけ、その段階で治療することにつきます。心筋梗塞同様にカテーテル治療が行えますので、狭心症での治療が重要となるのです。以前ではカテーテル治療を行った部位が再び狭くなってしまうようなことがありましたが、再狭窄抑制型ステントの登場で、長期的に冠動脈が開存することができるようになりました。一度留置したステントは永久的に冠動脈に留置しなければなりませんが、今後は生体が吸収してくれるステントが登場する予定です。従来の治療後には必要不可欠な内服薬がありました、生体吸収型ステントにより服用の負荷が抑えられると期待されております。

メカニズムを究明

女性

脳梗塞になる原因は色々とありますが、血栓予防は自分自身で行うことが出来ます。血の巡りが良くなる食事を摂取することで脳硫黄速を防げます。しかし、あくまで予防なので病院でしっかりと治療を受ける必要がある病気です。

Read More...

脳疾患の対策

女性

脳梗塞を予防するためには、普段の食事を工夫することが役立ちます。血液や血管の状態を良くすることが一つのアプローチ法です。手軽に有効成分が摂れるサプリメントが、現在脳梗塞の予防のために広く利用されています。

Read More...